ブログ

【太陽と青空を運ぶ生き方100のヒント】№11「許す」気づく

新年最初の100のヒントは「許す」。

 

もしかしたら人生において、それは一番難しいことかもしれない。

だけど

心の位置を変える術さえわかれば、実はいとも簡単なこと。

どうしてこんなふうに わたしごときがそう断言するかというと

わたしはかつてガチガチの「許せない人」だったからです。

かつてのわたしは、自分の思惑通りではないことに怒り、「それおかしいやろ!あんた間違ってるやろ!」と自分の意見を主張し、相手を責め、さらにはその攻撃した相手の躓き(つまづき)や失敗を“そら見たことか”とばかりにいい気味だと思うような人間だったからです。

当時、わたしの主張はしばしば全うな「正論」ですらありました。

しかし

「正論」では人は幸せになれないことを知りました。

 

今は「許せない人」はいません。

えーーーーっ

うそーーーーッ

なんでーーーーッ

って、目が飛び出すぐらいショックすぎる驚く出来事や、あまりに理不尽でメラメラ怒りを感じることも当然あります!

だけど

そのときだけ。

 

起きたことへの判断はあるけれど

誰かを許せない、しつこく恨む、はたまたその人の不幸をおもしろがる・・・・というような気持ちはまったくまったくありません。

 

カウンセリングにお越しになる方々の多くは誰かを許せないことで日夜苦しんでおられます。

わたしは少しでもその方の幸せのお役に立ちたいと寄り添わせていただきますが、「許し」とは相手にあるのではなく、自分の中にある、ということに気づいていただいた途端、その方の心の氷が解けてゆくのを何度も目の当たりにしてきました。

その途端、もう、ほんとうにその方のお顔はヒマワリの花のようになります。

 

許す、といういことは、自分が自分にできる最高のことです。

 

 

【太陽と青空を運ぶ生き方100のヒント】

№11「許す」(気づく)

 

 

今日のヒントは

許す。

 

もしあなたに許せない出来事や許せない人がいるのなら。

今年は許すことにトライされてみては。

具体的な許しのプロセスについては、明日からのブログで書いていきます。

まずは、許していない(許していなかった)自分に気づくことです。

顕在意識では「済んだこと」と処理していても、潜在意識ではガッツリ掴んでいてがんじがらめになっていることだってある。

まずは気づくこと。

 

許すの語源は「緩む」。

自分を縛っているものをゆるませて大きな自分を生きていけたらいいですね!

 

 

神さま

今日も新たなる無限の無限の学びを無限の無限の進歩をありがとうございます

素晴らしい一日をありがとうございます

para-2897923__340

 

 

 

 

« »

トップに戻る