ブログ

【ありがとうのじかん】ファンキーモンキー恋する川柳 1月のお題「走る」②

〈1月16日放送分〉

お題「走る」

 

 

*入選

 

年が明け気持ち新たに走り出す

(横浜市 則久)

新年らしい勢いのある句。

何か良いことが起こりそうな予感がしますね!

 

 

満月や小走りの影幼き日

(羽曳野市 ジャスミン)

ジャスミンさん初投句ありがとうございます。

幼い日、満月に追われてお母さんにすがりついた、そんな思い出の一コマなのでしょうか。

小走りが可愛らしいです。

 

 

笑われても一直線に走り出す

(明石市 良香)

愚直一念という言葉が好きです。

笑われても真っ直ぐに生きることは、切なくも尊い。

 

 

スタートとゴールで走るキリギリス

(大阪市 日出夫)

童話ではキリギリスといえば、怠け者の代表?

スタートダッシュとゴール前だけはしっかりと、真ん中は手抜きでもなんとかなるのがキリギリス。

おもしろい句です。

 

 

通り雨君待つ場所へ突っ走る

(神戸市 和子)

突っ走るのは恋へ。

雨も何のその、どんなに濡れてもあの人に会えるのですもの。

 

 

風だけが走る浜辺に残されて

(草津市 弘子)

季節が過ぎ、静まり返る浜辺。

風だけが通り抜けるこの風景は、何かが終わった作者の心の風景でもある。

 

 

一番でなくても良いよ走りきれ

(神戸市 ほくら)

懸命に走る姿に精一杯のエール。

一番でなくても良いよ、と言いながら、やっぱり一番をどこか期待して。

 

*特選

該当作品なし

 

«

トップに戻る